御由緒

大阪夏の陣のあと、元和5年(1619)水野勝成公が西国鎮衛の要として備後の国主に赴任されるや、城を築き新たに福山と名付けて城下を整え、天和3年(1683)4代藩主勝種公により藩を挙げて備後福山の総鎮守の社として松廼尾山に建立されました。
東西に並立する社殿は、同一の様式、同じ規模によって造られ、両社それぞれに八幡大神様をお祀りする全国にも珍しい構成の神社です。
明治維新後、神社制度の改変があり、明治5年(1872)現東御宮を「延広八幡神社」、現西御宮を「野上八幡神社」と改称し郷社に列格、昭和3年(1928)には、県社に昇格致しました。
終戦後、社格制度は廃止され新たに宗教法人法が制定東西両御宮にそれぞれ同じ三柱の御祭神をお祀りすることから、一般に「両社八幡」と称され、また、厚い信仰と親しみを込め「東の宮」「西の宮」とも呼ばれています。
両社の創始については不明であるものの、古く穴の海と呼ばれていた波静かな内海の近く現福山城地に、二つのお宮が別々に奉祀されていたとの伝えがあり、もと「惣堂八幡」「延広八幡」と称した東御宮は、承保年中(1074~)に宇佐八幡宮からの勧請により町家の産土神として、また、もと「若宮八幡」「野上八幡」と称した西御宮は、永享年中(1429~)に鶴岡八幡宮からの勧請により藩士等の産土神として、福山の城中城下はもとより近郷近在より多くの信仰を集めたとされています。
また、神辺城主杉原氏や毛利輝元、福島正則氏等の信仰も厚く、神田の寄進など古くより多くの記録が残ります。
明治維新後、神社制度の改変があり、明治5年(1872)現東御宮を「延広八幡神社」、現西御宮を「野上八幡神社」と改称し郷社に列格、昭和3年(1928)には、県社に昇格致しました。
終戦後、社格制度は廃止され新たに宗教法人法が制定、神社本庁所属の宗教法人「延広八幡神社」、宗教法人「野上八幡神社」となり、さらに昭和44年(1969)、両社の法人格を合併、社名も宗教法人「福山八幡宮」と称し、神社本庁の特別待遇に属する別表神社に加列致しました。
昭和59年(1984)御鎮座300年大祭を記念して中央拝殿を新築、平成21年(2009)325年式年大祭に際しては、西御宮のお屋根葺き替え、彩色復元を始め、聰敏神社ほか境内社の改修、駐車場の新設など境内整備が行われました。

 

御祭神

 

應神天皇(おうじんてんのう)

御名 譽 田 別 尊(ほんだわけのみこと)

人皇第15代

 

比賣大神(ひめおおかみ)

御名 

多紀理毘賣命(たぎりびめのみこと)

市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)

多岐津比賣命(たぎつひめのみこと)

宗像三女神

 

神功皇后(じんぐうこうごう)

御名 息長帶比賣命(おきながたらしひめのみこと)

應神天皇御母君

 

御神徳

御祭神の應神天皇・神功皇后は、国の基礎を固めるため、大陸との交渉に伴い進んだ技術(養蚕、紡績、織物、裁縫、鍛冶、造船など)や優れた大陸文化を輸入され、日本文化の興隆を図られた御神徳があり、国家鎮護の神、学問や農業、商工業の守護神として、また神功皇后と應神天皇が母と子のご関係にあたり、厳しい情勢の中無事ご出産なされた事から、安産・子育ての守り神として信仰されています。

比賣大神は、古来大陸との交通で要衝にあった玄海灘に鎮まる神々で、宗像三女神とも申され、国家防衛・航海安全・交通安全の守護神として崇められています。

栄ゆく備後福山総鎮守の社として古くより信仰を集め、安産祈願に始まり、初宮(百日参り)、七五三、厄年、年祝いなどの人生儀礼や初詣、夏越などの年中行事、家内安全や交通安全、商売繁盛など折々の祈願、瀬戸の島々より海上安全・大漁満足を願う人々など、生活を支えお守り下さる大神さまとして篤きご崇敬によりお祀りされています。

PAGE TOP